メイクアップアーティスト|海外で活躍するには?

メイクアップアーティストになって、将来は海外で活躍したい!という夢がある方は多いと思います。

 

テレビなどに出演されているメイクアップアーティストの方々に憧れることもあるのではないでしょうか。

 

ニューヨークやフランスなどでは、世界的に活躍しておられるメイクアップアーティストの方々が多くいらっしゃいます。

 

そのような方々のようになりたいと考え、海外に渡る方も少なくないようです。

 

ですが、海外で活躍するという事自体は、簡単に実現するわけではありません。

 

やはり、それなりの準備などが必要になってくるのです。

 

海外で活躍するためには準備が必要です

まず、海外に渡る前に、自分自身の知識と技術を磨き、日本である程度の経験を積んでおく事が大切になります。

 

もちろん、日本と海外では通用することとしないことがありますが、それでも経験があるのとないのとでは大きな差があります。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験を受験したり、その他のメイクアップアーティストになるために役に立つ資格試験を受験し、そこからメイク専門プロダクションなどで経験を積むこともおすすめです。

 

そして、さらなるスキルを身につけるために海外に渡る際には、現地のメイクアップアーティストの資格なども必要となります。

 

現地の美容学校などを探したり、手続きをしたりということもあります。

 

生活面もしっかりと考えなくてはなりませんので、生活に支障が出ないくらいのその国の言語を身につけたりすることも必須です。

 

さらに現地で働くとなれば、労働ビザも取得しなくてはなりませんし、やるべきことはとても多くあります。

 

いきなり海外に渡ってメイクアップアーティストとして頑張りたい!ということではなく、事前の準備期間として現地でメイクを学ぶということも大切になります。

 

日本である程度の経験を積み、人脈などを駆使して海外へ渡り、そこで活躍される方もいらっしゃいます。

 

そうなれば、何もないところから始めるよりは、スムーズとも言えます。

 

ですが、そんなに都合よくことが運ぶわけではありませんので、自分自身で海外で活躍するために動くのであれば、辛い事があっても乗り越えるという強い意志が必要になります。

 

言語やその国のメイク資格、学校、労働ビザなど、準備すべきことはとても多くあるのですが、夢のために意志を強く持って進んでいってくださいね。