メイクアップアーティストの仕事とは?

イクアップアーティストの仕事は、とても人気のある仕事です。

 

そのため、メイクアップアーティストを夢みているという方も多くおられます。

 

では、メイクアップアーティストの仕事というのは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

メイクアップアーティストの仕事ってどんなもの?

メイクアップアーティストの仕事には、以下のようなものがあります。

 

・雑誌のモデルさんへのメイクを行う
・テレビに出演される方へのメイクを行う
・ファッションショーなどのイベントに参加される方へのメイクを行う
・結婚式を迎える新郎新婦へのメイクを行う
・一般の方に対してのメイクを行う
・化粧品の開発などに携わる
・ヘアアレンジや着付けなどを行う

 

など、メイクアップアーティストは、様々な場面において様々な方へのメイクを施すという事が、メインの仕事となっています。

 

ですが、中にはヘアアレンジや着付け、ネイルといったような仕事を行うメイクアップアーティストも存在しています。

 

というのも、メイクを決める際には、ヘアスタイルやネイルといったようなものも重要となるためです。

 

美容師の国家資格を取得した上でメイクの資格を取得したり、ネイル検定などを取得している方も多くおられます。

 

着付けの勉強なども同時にしておくことによって、仕事の幅が広がりますし、求められた通りのメイクを行う際にとても役に立ちます。

 

特に、ブライダル関連の企業やサロンなどで勤務するメイクアップアーティストの場合には、ネイル・着付け・ヘアアレンジ・色彩・アクセサリー関連などの知識や技術が求められる事があります。

 

メイクアップアーティストとして幅広く活動するためにも、そのような資格を取得しておくことはおすすめです。

 

そして、メイクアップアーティストは、のんびりとした時間の中で、好きなようにメイクを施すわけではありません。

 

限られた時間の中で、求められたメイクを行っていく事になります。

 

そのため、メイク関連の資格試験でも、実技試験の際には30分や15分といったような時間制限が設けられています。