メイクアップアーティストに必要な資格はある?

自分にメイクをするのが楽しい!人にメイクをしてあげるのが楽しい!

 

そんな気持ちを持っている方にとっては、メイクアップアーティストという仕事はとても魅力的なのではないかと思います。

 

お客様の要望に応えつつ、自分がイメージするメイクが出来たら、とても楽しいのではないでしょうか。

 

そこで、メイクアップアーティストに必要となる資格にはどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

 

必須となる資格はない?!

メイクアップアーティストになるために必須となる資格というのは、今のところありません。

 

美容師としてヘアメイクを行う場合には国家資格が必要となるものの、メイクアップアーティストであれば国家資格もないのです。

 

つまり、メイクアップアーティストになりたいと思ったら、すぐにでもなれるということになります。

 

ただ、雇ってくれるところがあるかどうかというのは別の話です。

 

どの程度の知識や技術があるのか、どのくらい本気なのかということを知ってもらうためには、やはり何か資格があった方が良いと言えます。

 

お客様との信頼関係を築くためにも、自分がどの程度の知識や技術を身につけているのかということが証明できたほうが良いはずです。

 

そこで、メイク関連の民間資格を取得するということがおすすめになります。

 

メイク関連の民間資格を取得する

メイク関連の民間資格としては、以下のようなものがあります。

 

・JMAメイクアップ技術検定(社団法人日本メイクアップ技術検定協会)
・MSOJ認定メイクアップ検定(日本メイクアップ連盟)
・IBF国際メイクアップアーティスト認定試験(国際美容連盟)

 

このような民間資格があるのですが、それぞれ主催団体が異なっている為に、試験内容や受験資格が異なります。

 

受験する際には、あらかじめ確認しておくことが大切になります。

 

対策講座なども開講されていますので、それらを活用するということもおすすめです。