メイクアップ資格|種類はどんなものがある?

メイクアップの資格というのは、実はいくつか種類が存在しているのです。

 

今回は、この資格について、どのような種類があるのか見ていきたいと思います。

 

資格の種類はどんなものがあるの?

メイクアップ資格にはいくつかの種類が存在しています。

 

というのも、メイクアップアーティストとして活躍するために必須となっている資格はないのです。

 

つまり、国家資格が存在していないということです。

 

では、メイクアップアーティストの資格はどのような資格なのかというと、全てが民間資格となっています。

 

そのため、メイクアップ資格の種類も様々なものがあるのです。

 

メイクアップの資格の種類は、いくつかありますが、基本的なものとして以下のようなものがあります。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

こちらは、IBF国際美容連盟が認定しているもので、実技と筆記の試験が行われます。

 

受験資格があり、IBFが指定する各スクールの所定のカリキュラムを修了している者となっています。

 

国際的に共有できるようなメイクに関しての知識や技術の基本、そして技術を認定している資格です。

 

JMAメイクアップ技術検定

こちらは、日本メイクアップ技術検定協会が認定しているものです。

 

1級から3級まで存在し、3級を飛ばして2級を受験するといったような、飛び級での受験は認められていません。

 

国際的に通用するメイクアップアーティストとなるための認定試験となっています。

 

MSOJ認定メイクアップ検定

こちらは、日本メイクアップ連盟が認定しているものとなります。

 

受験資格として、飛び級での受験が不可能であり、MSOJが認定している加盟校にて講習を受講する必要があります。

 

筆記、実技の両方の試験が行われ、1級から3級までがあります。

 

基本的なものとしては、これらの3つの資格だとされています。

 

これらの資格は必須ではありませんが、メイクアップアーティストとして活躍するために有利になることは間違いありません。

 

自分の仕事に自信を持つためにも、このような資格は取得しておくべきと言えます。