メイクアップアーティスト|どんなスキルが求められる?

様々な方に対し、要望を取り入れながらメイクを施していくメイクアップアーティスト。

 

慌しい中でメイクを施すこともあるでしょうし、要望を取り入れながら仕上げるというのは難しいことでもあります。

 

では、メイクアップアーティストには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

 

メイクアップアーティストにはどのようなスキルが求められるの?

メイクアップアーティストに求められるスキルには、以下のようなものがあります。

 

・コミュニケーションスキル
・迅速かつ丁寧にメイクを施すスキル
・要望に応えるだけの知識と技術力
・提案力や独創性

 

など、このようなスキルが求められる事が多くなります。

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、もはやどのような職業であっても必須となるものです。

 

様々な方と関わり、打ち合わせなども行っていくことになるメイクアップアーティストは、出来るだけ円滑な人間関係を築く事ができなくてはなりません。

 

スムーズに仕事を進め、モデルさんやタレントさん、一般の方など、お客様に喜んでもらい、満足してもらえるような人材である必要があります。

 

コミュニケーションスキルがなくては、今後の仕事がうまくいかない可能性だってあるのです。

 

どのような仕事をするにも欠かせないものが、このコミュニケーションスキルだと言えます。

 

迅速かつ丁寧にメイクを施すスキル

迅速かつ丁寧にメイクを施すというのは、簡単なようで実はとても難しいことです。

 

というのも、メイクアップアーティストがメイクを施すために与えられた時間というのは、とても短い場合が多いからなのです。

 

15分や30分という時間で、お客様やスタッフからの要望にあったメイクを、迅速かつ丁寧に施す必要があります。

 

ただ早いだけでは雑なメイクとなりますし、丁寧にこなすだけでは時間がかかってしまいます。

 

メイクアップアーティストとして現場で活躍するためには、どちらも同時にこなせるようなスキルが必要となるのです。

 

要望に応えるだけの知識と技術力

メイクアップアーティストは、お客様やスタッフの方からの要望に沿ったメイクを施す必要があります。

 

その要望を的確に理解するためには、知識と技術が必要となります。

 

この知識や技術は、専門学校などで学んだことだけでは足りず、現場で経験を積んでいくことで身につけていくものです。

 

そのため、アシスタント時代などに必死に勉強を積み重ね、初めて身につけることが出来るスキルとも言えます。

 

提案力や独創性

お客様やスタッフの方からの要望に的確に応えていくことはとても重要ですが、それだけではいけません。

 

メイクアップアーティストとして、要望の中にさらに提案していく力や独創性などが必要となります。

 

どちらかと言えば、カリスマ性が問われるという言い方があっているかもしれません。

 

次回もお願いしますといわれるメイクアップアーティストになるためには、この点はとても重要だと言えます。