最短でメイクの資格を取得するには?

自分の普段のメイク、イベントの際のメイクなど、もっと拘りたい!プロのように仕上げたい!という方は、メイクの資格に興味を持っておられるのではないでしょうか。

 

また、メイクアップアーティストとして活躍したいという方もおられると思います。

 

そうなると、まず初めの段階として、メイクの資格を取得しようと考えるのではないでしょうか。

 

このメイクの資格、最短で取得するにはどうすればいいのか、見ていきたいと思います。

 

メイクの資格を最短で取得するには?

メイクの資格を取得するには、

 

1.専門学校などに通って取得する
2.通信教育などを受講して取得する
3.独学で勉強して取得する

 

このような3つの方法が挙げられます。

 

美容専門学校に通い、美容師の国家資格を取得して、別でメイクの資格も取得するという方法もあります。

 

美容師の国家資格があれば、メイクだけではなく、ヘアアレンジなども同時にこなせるようになります。

 

実際に、美容師の国家資格と同時に、メイクの資格を取得して働いているという方もおられます。

 

上記の3つの資格取得方法のうち、最短となるものはどれなのでしょうか。

 

やはり、最短という事だけを考えると、独学で取得するという方法になります。

 

独学で勉強する時間がたっぷり取れるという方の場合には、3ヶ月程度もあれば受験できるのではないでしょうか。

 

メイクの資格試験は国家試験ではなく、民間資格の試験となりますので、それぞれ内容などが異なります。

 

ですが、実技試験と筆記試験の両方が実施されることがほとんどです。

 

独学は最短の資格取得方法と言えるのですが、知識だけではなく、技術なども習得しておかなくては試験に合格することが出来ません。

 

独学で技術も身につけるというのはとても難しく、プロへの道のりも厳しいとされています。

 

独学以外の方法でとなると、やはり通信講座が最短だといえそうです。

 

通信講座では自宅で好きな時間に勉強できるということもあり、人気の取得方法となっています。

 

技術面などは、付属のDVDなどで学習することが出来ますので、独学よりは習得がしやすいと言えます。

 

最短ということばかりに捉われず、いかに知識や技術を身につけることができるかという点を重視することが大切です。

 

プロとして働きたいのであれば尚更、身につけることが出来る知識や技術などに焦点をあてて、取得を目指していただけたらと思います。