メイクアップアーティストの待遇は恵まれている?

メイクアップアーティストになりたいという夢がある方の場合、その夢ばかりに気持ちが奪われてしまい、待遇や給料などについてはあまり気にならないかもしれません。

 

ですが、このような点はとても重要で、しっかりと事前に確認しておかなくては、後々仕事が続けられないというような状態になってしまうこともあります。

 

そこで、メイクアップアーティストとしての道に一歩踏み出す前に、待遇などについて知識をつけておきましょう。

 

メイクアップアーティストの給料は?

まずは、メイクアップアーティストとして働いた場合、給料はどのくらいになるのかという事を見ていきたいと思います。

 

大体の場合、メイクの専門学校を卒業したり、資格を取得してから就職されると思うのですが、その就職先は様々です。

 

例えば、メイク専門のプロダクションに所属した場合の給料は、大体14万円〜20万円程度とされています。

 

そこまで高い給料を貰えるというわけではなく、アシスタントとなる場合にはさらに低い給料となります。

 

メイクアップアーティストとして認められ、個人的に商品開発などに携わるようになった場合には、もう少し給料は良くなります。

 

ただそのようなことはあまり現実的ではありませんので、やはり給料は20万円以下となることが一般的です。

 

メイクアップアーティストの待遇は?

では、休日や勤務時間などの待遇について見ていきたいと思います。

 

メイクアップアーティストの仕事は、大体の場合に勤務時間が長くなりやすく、不規則な勤務体系となっています。

 

厳しい業界である上に、拘束時間も長いということで、ストレスが溜まっている方も多くおられます。

 

化粧品会社などに勤務する場合であれば、勤務時間は決まっているものの、やはりプロダクションなどであれば、休日もバラバラで勤務時間もほぼ決まりがないとのことです。

 

土日が休日となることもあまりなく、不規則な生活となることが多いようです。