メイクアップアーティストになるには|資格は必要?

メイクアップアーティストになるためには、どうすればいいのか分からないという方もおられると思います。

 

メイクアップアーティストに限らず、職に就きたいという場合には何かしらの資格が必要となるイメージがあるかもしれません。

 

では、メイクアップアーティストになるためには資格は必要となるのでしょうか。

 

メイクアップアーティストに資格は不要だけど…

実は、メイクアップアーティストになるために必須となる資格はありません。

 

美容師のように国家資格となっているわけでもありませんので、何の資格も持たずに現場に出る方もおられます。

 

ですが、メイクアップアーティストになるための資格として、メイクに関する複数の民間資格が存在しています。

 

それらの民間資格を取得することによって、就職や転職などを多少有利に進めていくことが出来る様になります。

 

就職などの際には履歴書に記載することが出来ますので、「このくらいの知識と技術があります」ということを証明することが出来ます。

 

自分が資格を取得したということから、ある程度自分の仕事に自信を持って働く事ができるようになります。

 

自分の仕事に自信が持てると、向上心も生まれますし、より良い方向に進めていくことも可能です。

 

また、お客様との信頼関係を築いていくためにも、このような資格を持っておくとスムーズに関係を築く事が出来ます。

 

そのような理由から、メイクアップアーティストに必須となる資格がないにせよ、民間資格を取得してアピール材料にするというのはおすすめです。

 

どんな民間資格があるの?

では、どのような民間資格があるのでしょうか。

 

・MSOJ認定メイクアップ検定
・IBF国際メイクアップアーティスト認定
・JMAメイクアップ技術検定

 

このような民間資格が代表的なものとして挙げられます。

 

講座を受講することが条件となっている民間資格もありますので、受験の前に条件をしっかりと確認しておく必要があります。