MSOJ認定メイクアップ検定の合格率はどれくらい?

MSOJ認定メイクアップ検定は、数あるメイク関連の資格の中の一つであり、こちらの資格に興味を持っている方もいらっしゃると思います。

 

メイク関連の資格は全てが民間資格となっているために、名称や試験内容なども異なります。

 

試験の内容や合格率など、自分が気になっている資格試験の概要は知っておきたいところです。

 

今回は、MSOJ認定メイクアップ検定について、その合格率を見ていきたいと思います。

 

MSOJ認定メイクアップ検定ってなに?

まずは、MSOJメイクアップ検定についてご説明していこうと思います。

 

MSOJメイクアップ検定とは、日本メイクアップ連盟が認定している資格となっています。

 

メイクアップアーティストとしての資質を高めるため、基本になるメイクの正しい知識と技術を身につけるべく実施されているものです。

 

試験には、検定2級、検定3級、検定1級、認定講師という4種類があります。

 

検定2級や3級を取得すれば、国内で実施されているイベントへの参加資格を得ることが出来たり、一般講習を受講することができるようになります。

 

検定1級を取得すれば、テレビやCM、ウエディングやサロンなどで資格を活かして働く事が出来ます。

 

そして、認定講師は、連盟会員対象のプロフェッショナルな資格として位置づけられています。

 

受験に際し、国籍や年齢制限などは設けられていません。

 

ただ、2級と3級の同時受験など2つの級を受験したり、飛び級で受験するということは不可能となっています。

 

また、受験資格として、MSOJが認定している加盟校に入学し、決まった時間の講習を受講しなくてはなりません。

 

筆記試験と実技試験の両方が実施されていますので、どちらの対策も必要となります。

 

MSOJ認定メイクアップ検定の合格率は?

では、合格率はどのくらいになっているのでしょうか。

 

こちらの資格試験の合格率を調べてみたところ、公式に発表されているものがなく、分かりませんでした。

 

ですが、受験の際には必ず指定の加盟校などで講座を受講しなくてはならないことから、そちらでしっかりと学習を積んでいく事によって合格できると言えます。

 

指定されているテキストもあることから、学習内容を十分理解していれば難しすぎるわけではないとされています。