メイクセラピーとは?

メイクセラピーというのを聞いたことがある方もおられるかもしれません。

 

ですが、ほとんどの方があまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

 

このメイクセラピーとは、一体どのようなものなのかという事について、ご説明していきます。

 

メイクセラピーって何?

メイクセラピーというのは、別名”化粧療法”とも呼ばれているものです。

 

心理学などを取り入れているメイクの技法とされており、カウンセリングの手法が取り入れられています。

 

美容部員やエステティシャンなどにも注目されているこのメイクセラピーは、職業としてではなく、個人的な理由から興味をもたれている方もおられるそうです。

 

以外なところで言えば、就活を行っている学生の方に注目されているということです。

 

就活の際に、面接官に好印象を持ってもらうためのメイクなどを学ぶことが出来る為、注目されているのです。

 

色彩学や印象分析といったようなものを取り入れていますので、心理面のケアなども行われています。

 

自分がどのような印象を持たれているのかという事も知ることが出来、円滑なコミュニケーションをとることにも役立ちます。

 

メイクセラピー検定があります

上記のような心理学的な療法であるメイクセラピーですが、実はメイクセラピー検定というものがあります。

 

この検定は、メイクセラピーの知識と技術に関する検定となっており、受験生は年々増加しているそうです。

 

1級・2級・3級があり、2級までであれば受験資格は特に設けられていません。

 

また、3級は在宅受験となりますので、気軽に受験することが出来ると言えます。

 

試験方法は、3級は筆記試験(マークシート方式)となっており、3級に合格すると、認定メイクセラピーガイドという称号をもらうことが出来ます。

 

メイクというのは、気持ちを明るくしたり、前向きにしたりしてくれる不思議な力があります。

 

女性・男性問わず、メイクが持っている力に惹かれている方が多くなっています。