メイクアップアーティストになるには?

メイクアップアーティストになるには、いくつか方法があります。

 

一般的には、スクールや専門学校で資格を取得後、メイクアッププロダクション・ブライダルサロン・化粧品メーカーなどに就職するパターンがとても多いです。

 

中には、経験と実績を積みフリーランスとして活動したり、独立してサロンを開業する人もいます。

 

メイクアップアーティストになる方法

メイクアップスクールに通う

通学期間:3ヶ月〜2年間
学習内容:スタジオ撮影・舞台・ブライダルメイク・特殊メイクなど、専門のカリキュラムを現役プロ講師から学べる。
費用:20〜300万円程度

>>詳しくはこちら

 

通信講座でスキルを磨く

学習期間:1ヶ月〜
学習内容:スタジオ撮影・舞台・ブライダルメイク・特殊メイクなど、専門のカリキュラムを自宅で学べる。
費用:約3万円〜

>>詳しくはこちら

 

美容系専門学校に通う

通学期間:2〜3年間
学習内容:メイク、ヘアメイク、ネイル、エステなど幅広い美容の知識が学べ、美容師の資格も一緒に取れる。
費用:100〜300万円程度

 

独学でメイクアップアーティストになれる?

よく聞かれる質問ですが、正直「難しい」というのが本音です。

 

ごく稀に、まったく学校に通わずメイクアップアーティストになる方もいますが、独学でなんとか資格が取れたとしても、特殊な業界だけに求人を見つけるのが難しい、という苦労話をよく耳にします。

 

理由としてあげられるのが、大半のプロダクションや企業が、スクールや専門学校の卒業生のみに絞って採用活動しているためです。

 

スクールや専門学校に通うことで、しっかりとした知識を身につけられるだけでなく、就職活動をスムーズに進められるメリットがあるのです。

 

よほどの事情がない限りは、スクールや専門学校で基礎をみっちりと習得したうえで、メイクアップアーティストを目指すことをおすすめします。

 

スクールに通うのが難しいという方へ

中には、金銭的な理由や時間的な制約があって、スクールや専門学校に通うのが、

 

「どうしても難しい…」

 

という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方に、おすすめなのが「就職サポート」が充実した通信講座です。

 

通信講座は、通学制のスクールに比べ、圧倒的に費用を抑えられ、外出が難しい場合には自宅で試験まで受けられる講座もあります。

 

また、プロダクションやメーカーなどに強力なコネクションを持った通信講座を受講すれば、修了後に専任のキャリアコンサルタントが希望に合った就職先を斡旋してくれる心強いサポートも付いてきます。

 

中には、「業界就職保証制度」といって、就職が決まるまで何度も求人を紹介してくれる講座もありますので、

 

「頑張って資格を取得したけど、いつまでたっても仕事が見つからない…」

 

といった、悲惨な状況に陥る心配もありません。

 

特に最近は、通学制のスクールと比べても遜色がないほとに、充実した内容の通信講座も増えています♪

 

どうしても学校に通うのが難しいという方は、通信講座の受講も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

必ずすべての講座から資料を取り寄せよう!

1点注意をしなければいけない点は、趣味ではなく、仕事に繋げることを目的にメイクを学ぶのであれば、「就職サポート」が付いていない講座や、過去の就職実績が乏しい講座を選んでしまわないように気をつけてください。

 

過去の修了生の就職先などは、それぞれの講座の無料パンフレットにすべて記載されています。

 

まずは、すべての講座から無料パンフレットを取り寄せ、講座の中身をよく確認したうえで申込みましょう。

 

ブラッシュアップ学びボタン

 

失敗しない!通信講座を選ぶには?

ブラッシュアップ学びキャプチャ画像

ロゴ画像
メイクアップ講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利♪有名どころはすべて網羅されているので安心です。講座によって、取得できる資格・学習内容・就職サポートの有無などが異なりますので、必ず事前に下調べしたうえで申込みましょう。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当ページについて】

メイクアップアーティストは、テレビなどでも取り上げられることもあるため、ご存知の方も多いと思います。また、男女問わず、とても人気となっている職業としても有名です。このメイクアップアーティストになるにはどうすればいいのか、詳しく解説していきたいと思います♪メイクアップアーティストと聞くと、メイクの事を知り尽くしていて、まるで別人のように綺麗なメイクをしてくれる人、というようなイメージがあるかもしれません。なりたい顔にしてもらえる、そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。メイクは、人前に出る際の常識的なものとして、また、美容的な意味でも、生活に欠かせないものと言えます。そのメイクのプロとして活躍していくメイクアップアーティストになるためには、どうすればいいのでしょうか。1.専門学校に通い、メイクの基礎や応用の知識と技術を身につける。2.独学でメイクに関する勉強をし、資格を取得する。3.通信教育などを受講し、メイクについて学ぶ。など、メイクアップアーティストになるためには、このような方法があります。独学で資格を取得してから、プロとして活躍している方もいらっしゃいます。メイクアップアーティストになるための方法は様々あり、自分に合った方法を選ぶ事が出来ます。メイクというのは、当然ながら”勘”や”なんとなく”だけでは出来ることではありません。専門的な知識や技術を持ち合わせていなくてはなりませんので、やはり資格を取得するということをおすすめします。専門学校に通ってメイクの勉強をすれば、基礎から応用まで学ぶ事が出来ますし、知識だけではなく技術もしっかりと身につきます。同じ目標を持った仲間と、楽しくメイクの勉強が出来るというのはとても楽しいものです。また、専門学校に通って美容師の資格を取得し、美容師の資格を活かしてメイクアップアーティストとして働くという方法もあります。独学でメイクアップアーティストになる方もいらっしゃいますが、決して楽な道ではありません。独学となると、知識だけではなく技術面や応用などはどうやってカバーしていくのか、という事も重要になってきます。もちろんどの道を通ったとしても楽なものではありませんが、独学は最も厳しい道のりとなると言えます。自分に合った方法で、メイクアップアーティストとして活躍出来る様に、検討してみてくださいね。