メイクアップ|資格の難易度はどれくらい?

メイクアップの資格を取得する際に限らず、その資格取得の難易度を気にする方が多いかと思います。

 

今回は、メイクアップアーティストに関する、メイクの資格についての難易度を見ていきたいと思います。

 

メイクアップ資格の難易度ってどのくらいなの?

メイクアップアーティストになるために必須となる資格というのは、今のところ存在していません。

 

メイクに関する資格は、全て民間資格となっており、それぞれに名称や試験の難易度などが異なっています。

 

メイクアップの資格といえば、基本的となる3つの資格があります。

 

・JMAメイクアップ技術検定
・IBF国際メイクアップアーティスト認定試験
・MSOJ認定メイクアップ検定

 

これらの資格が基本的なものとなるのですが、それぞれ試験の内容などが異なります。

 

合格率などが発表されていないものが多くありますので、難易度をはっきりと出す事は出来ません。

 

ですが、出題される内容や、対策講座などの有無を見てみると、ある程度の難易度は分かりそうです。

 

JMAメイクアップ技術検定ですが、こちらの場合、受験資格が特になく、飛び級試験のみが禁止されています。

 

JMAメイクアップ技術検定は、ヒューマンアカデミーの対策講座があり、3級の資格取得を目指すことができるようになっています。

 

こちらの資格試験は、「日本メイクアップ技術検定試験公式テキスト」に基づいて行われますので、指定されている分、勉強はしやすくなるかと思います。

 

対策講座があるという事や、公式のテキストがあるという事などを踏まえると、難易度は低くも無く高くも無いという事が言えるのではないでしょうか。

 

1級ともなると、さすがに簡単とは言えない難易度だと思うのですが、全体的に難しすぎるというわけではなさそうです。

 

とはいえ、JMAメイクアップ技術検定は、とても有名な資格であり、メイクアップアーティストを目指す方に人気のものとなっています。