メイク資格を活かせる職業にはどんなものがある?

メイクアップアーティストとまではいかなくとも、メイクの資格を活かして働きたい!という考えの方も沢山いっらしゃると思います。

 

メイクの資格を活かすといっても、メイクの資格にも様々な種類のものがあります。

 

具体的には、どのような資格がどのような職業でいかせるのか、その辺りをご紹介していきます。

 

メイク資格を活かせる職業にはこんなものがあります

メイク関連の資格には様々な種類のものが存在しており、それぞれが民間資格となります。

 

国家資格はなく、メイクアップアーティストとして活躍するために必須となる資格もありません。

 

今回は、メイクの資格を活かせる職業として、以下それぞれの資格について見ていきたいと思います。

 

認定メイクセラピープロデューサー・認定メイクセラピストなど

こちらの資格は、メイクセラピー検定事務局が主催している検定試験に合格することで取得できるものです。

 

心理面のアプローチに必要となるメイクセラピー的心理学、コミュニケーション、化粧心理学などの分野の知識と技術を身につけます。

 

化粧品メーカーでの美容部員教育などにも採用されている資格です。

 

活かせる職業

・介護職員(サブスキルとしてメイクセラピー資格)
・看護師(サブスキルとしてメイクセラピー資格)
・化粧品会社社員
・ブライダル関連の仕事
・エステティシャン(サブスキルとしてメイクセラピー資格)

 

など、このような職業で活かすことが出来ると言えます。

 

もちろんこれら以外にも活かせる職業は多く存在していますので、自分がやりたい仕事と照らし合わせてみてくださいね。

 

IBF国際メイクアップアーティスト

こちらの資格は、IBF国際美容連盟が認定している資格となっています。

 

国際的に共有できるメイクアップに関する技術や知識などの基本を理解し、メイクを実際に施す事が出来るということを認定する資格です。

 

活かせる職業

・ブライダル関連の仕事
・エステサロンでの仕事
・ヘアメイク専門プロダクションでの仕事
・フリーで活躍する
・化粧品会社での仕事

 

など、このような職業で活かすことが出来ます。

 

メイクというのは今とても様々な分野で注目されているものですので、考え方次第で様々な分野にいかしていくことが出来そうです。