IBF国際メイクアップアーティスト認定試験|合格率はどれくらい?

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の合格率はどのくらいなのか気になっている方も多いと思います。

 

合格率を知っておく事によって、どの程度の難しさの試験なのかということを知る事が出来ますし、自分の勉強の目安にもなります。

 

メイクアップアーティストになるために必須となる資格はないのですが、民間資格としていくつか認定されている資格があります。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、それらの資格の一つとして有名な資格です。

 

こちらの資格試験の合格率を知る事で、ある程度の目安にしていただけたらと思います。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験って?

まず、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験について少しご説明していきます。

 

IBF国際メイクアップアーティストとは、プロのメイクアップアーティストとして活躍していくため、実践的な技術があるかどうかを判断するという試験になります。

 

試験は年に4回行われ、筆記試験と実技試験の両方があります。

 

資格を取得するにあたり、独学での取得は不可能となっています。

 

試験を受験する条件として、IBF(国際美容連盟)が指定しているスクールにて講座を受講しなくてはなりません。

 

カリキュラムには、通学講座と通信講座の2種類のコースが用意されていますので、自分の生活スタイルに合わせて学んでいく事が出来ます。

 

認定試験の合格率はどのくらい?

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の合格率については、公式サイトで発表されていませんので、正確な数字をお伝えする事は出来ません。

 

ですが、大体65%〜75%程度と言われています。比較的高い合格率となっていますので、安心される方もおられるかもしれません。

 

前述のとおり、この試験では筆記試験と実技試験の両方があります。

 

筆記試験はクリアできても、実技試験でつまづいてしまっては合格することは出来ません。

 

実技試験の内容を把握し、しっかりと対策を行っていく事が大切になります。