高卒でメイクアップアーティストになるには?

メイクアップアーティストは、テレビやネットなどでもよく見かけるようになり、とても人気のある仕事となっています。

 

女性や男性、また年齢も問わず人気があるために、高卒からメイクアップアーティストを目指すという方もいます。

 

ですが、高卒でメイクアップアーティストになることは出来るのか、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、高卒でメイクアップアーティストになるにはどうすればいいのかという事について、見ていきたいと思います。

 

高卒からメイクアップアーティストになれる?

まずは、高卒からメイクアップアーティストになることは可能なのかという事について見ていきたいと思います。

 

メイクアップアーティストになるために必要となる資格は今のところありません。

 

美容師のように国家資格があるわけでもないために、無資格の状態でメイクアップアーティストとして活躍することが可能です。

 

問題となるのは、高卒という状態でメイク関連の職場に就職できるのかという事ですが、その点について調べてみました。

 

求人情報サイトを見てみると、高卒以上であれば、未経験かつ無資格の状態で、ブライダル専用のヘアメイクアシスタントとして採用を行っているサロンがありました。

 

多くの場合、美容師の資格を取得していなくてはならないという条件があったり、何らかのメイク資格が必要となることが多くなっています。

 

ですが、探せばいきなり高卒から就職するということも出来るということです。

 

専門学校に入学、もしくは資格を取得

高卒からメイクアップアーティストになるための近道としては、上記のようにいきなり就職をして、そこで学ぶという方法が挙げられます。

 

ですが、現実的ではないと考える方もおられるかもしれません。

 

そのような場合には、高校を卒業後に専門学校に入学し、そこで知識や技術を身につけてから就職するという方法もあります。

 

また、独学もしくは講座などを活用して勉強し、メイク関連の資格を取得するという方法もおすすめです。

 

資格があれば、就職の際にも多少役に立ちますし、自分の知識や技術をアピールすることも出来ます。

 

メイク関連の専門学校は多くありますので、自分に合っている学校を探すということも楽しいのではないでしょうか。