美容師がメイク資格を取得するには?

最近、美容師がプラスαのスキルとしてメイク資格を取得したり、美容師から転身してメイクアップアーティストになる人が増えてきました。

 

一般的に、専門学校などの美容師過程の場合、メインが「美容師の国家資格」に対する対策になるので、メイクに関してはさわり程度の基本しか学べません。

 

ですから、メイクのスキルに限って言えば、美容師一本で働いてきた人に比べ、メイクアップスクールなどを卒業した人の方が、全体的にレベルが高いのが特徴です。

 

美容師だけじゃ満足できない方へ

美容師の仕事は、オシャレでカッコいいイメージがある反面、とてもハードで3年以内の離職率も非常に高い職業だと言われています。

 

それでは、なぜ美容師の多くは3年以内で辞めてしまうのでしょうか?

 

その理由は、美容師免許しか持っていないと、将来の選択肢が狭まってしまい、キャリアチェンジが難しいためです。

 

他にスキルを持っていないと将来が大変…

それでは、

 

美容師免許以外に、メイクやネイルなどのスキルを持っていたらどうでしょう?

 

ヘアサロンで働く以外の選択肢も生まれ、今まであなたが培った美容師としての経験も活かしながら、ヘアメイクサロンに転職したり、ブライダル専門のメイクアップアーティストとしての道も開けてきます。

 

他にも、雑誌やTVに出演するモデルのヘアメイクを担当したり、写真スタジオ、エステサロン、化粧品メーカー等など…いくらでもスキルを活かせる職場は存在するのです。

 

将来、美容師以外の道でも活躍できるスキルを持っておくこと!

 

これこそが、美容師がメイクアップを学ぶ最大のメリットになるのです。

 

メイクアップのスキルに身につけるには?

メイクアップのスキルを効率的に身につけるには、メイクアップ専門のスクールに通うか、自宅で学べる通信講座を受講するか、大きく2つの方法があります。

 

スクール編

メリット
現役プロ講師から直接学べる
夜間・休日も受講できる
人脈が広がる

 

デメリット
通学しなければいけない
決められた時間に受講しなければいけない
通信講座に比べて授業料が高い

 

通信講座編

メリット
好きな時間に自分のペースで学習できる
受講料がリーズナブル
現役プロ講師の添削サポート

 

デメリット
自分で計画を立てなければいけない
講師のスキルを直に学ぶことができない

 

スクールと通信講座、どちらがおすすめ?

一人一人の置かれている状況、専門的に学びたい分野、それぞれの講座で提供しているサービスなどが異なるため、一概に「◯◯スクールが良い!」「△△通信講座がおすすめ!」と断言することはできません。

 

どの講座にも必ずメリット、デメリットは存在しますし、あなたに合う講座が他の人にも合うとは限りません。

 

何よりも大切なことは、自分の目的にピッタリ合った講座を選ぶことなのです。

 

とはいっても、美容師向けのスキルアップ講座だけでも、大小合わせると30以上もあり、

 

「どうしても迷ってしまう!」

 

「どの講座を受ければ良いのか分からない…」

 

という方も多いと思います。

 

そんな時、判断材料として役立つのがスクールや講座の無料パンフレットです。

 

無料で送られてくる資料には、詳しい講座の内容以外にも、資格の取得方法や学習のポイント、試験情報なども詳しく記載されています。

 

また、資格を活かすヒントや、美容師からメイクアップの道へ進んだ先輩の体験談なども、写真やイラスト付きで分かりやすく書いてあるので、気軽に雑誌感覚で読むことができます。

 

複数のパンフレットを見比べれば、自分の将来像や学習のイメージも自然と湧いてくると思います。

 

まずは直感で構いませんので、気になる講座の資料を全て取り寄せ、中身を一通りチェックしてみることから始めましょう。

 

資料を取り寄せる際は、1つずつ自分でスクールを調べて、1件1件問合せをしていくのは大変なので、スクール専門の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を活用すると便利です。

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びキャプチャ画像

ロゴ画像
メイクアップ講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、全国のスクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。美容師向けの講座もたくさん出ており、それぞれ学習内容・取得資格・就職サポートの充実度などが異なります。必ず事前に情報収集をしたうえで申込みましょう。

 

詳細ボタン