メイクアップアーティストの1日

メイクアップアーティストになったら、こんな風に働いて、お客様に喜んでもらって・・・というように、夢を膨らませている方も多いと思います。

 

将来フリーとして働きたいと考えている方もおられるかもしれません。

 

そこで、メイクアップアーティストとして働く事になれば、どのような一日を過ごす事になるのか、少し覗いてみたいと思います。

 

一日の大体の流れを知る事によって、より働いてからの自分をイメージしやすくなります。

 

とあるメイクアップアーティストの一日

では早速、とあるメイクアップアーティストの一日についてご紹介していこうと思います。

 

今回は、ヘアメイク専門プロダクションに所属するメイクアップアーティストの場合の一日です。

 

あくまでも一例ですので、参考程度にご覧ください。

 

9:00 出社

出社後には今日行う予定のメイク道具などを揃え、事務処理などを済ませます。

 

10:30 現場に移動

現場に移動し、担当させていただく方々に挨拶をします。

 

11:00 ヘアメイク開始

担当させていただく方にメイクを施していきます。

 

12:30 ヘアメイクの直し(昼食)

昼食をとりつつ、メイクの崩れなどを直していきます。この間に昼食もとるのですが、メイク直しを優先的に行います。

 

14:00 ヘアメイクの直し

常にヘアメイクの直しを行っていきます。肌が弱い方であれば一度メイクを落とされることもありますので、そうなれば一からメイクをさせていただきます。

 

16:00 後片付け

メイク道具などの後片付けを行います。他スタッフの方と協力しつつスムーズに終わらせます。

 

17:00 次回打ち合わせ

他のスタッフの方と次回の打ち合わせを行います。

 

18:00 退勤

帰社したら事務作業を終わらせ、終了です。

 

一例ではありますが、このような流れとなっています。

 

昼食をゆっくりととれる場合と、メイク直しを優先的に行いつつ合間に食事をとることもあります。

 

とにかく限られた時間内にメイクを施さなくてはならず、忙しい一日となっています。