メイク資格取得ナビ|メイクアップアーティストになるには?

メイク資格を取得するには?

メイク資格の取得を目指す方は、男女問わずとても増えていますが、学ぶ目的は人それぞれです。

 

「メイク資格を取得するには、どのような方法があるのでしょうか?」

 

以下、タイプ別に資格の取得方法を解説しています。

 

まずは自分がどのタイプなのかを確認してみましょう♪

 

@社会人や主婦がメイクアップアーティストを目指す

メイクアップアーティストのイラスト

華やかな現場で活躍するメイクアップアーティストに憧れ、資格を目指す人も多いです。

 

一口に「メイクアップアーティスト」と言っても、

 

・ヘアメイクサロンでヘアアレンジやメイクアップをするアーティスト
・テレビ、雑誌、ショーなどに出演するモデルのメイクを担当するアーティスト
・映画や舞台などの特殊メイクを担当するアーティスト
・ブライダル専門のメイクアップをするアーティスト
・写真スタジオ、エステサロン、化粧品メーカー勤務など

 

働くフィールドはさまざまです。

 

メイクアップアーティストになるうえで、必要な資格の取得方法・おすすめのスクール情報・希望通りの職場に確実に就職する方法などを解説しています♪

 

メイクアップアーティストボタン

 

A通信講座でメイクアップアーティストを目指す

美容部員(メイクアップアーティスト)

出来るだけ費用をかけずに資格を取得したい方や、子育てをしながら自宅でメイクの勉強をしたい主婦などの人気を集めている通信講座。

 

最近では、自宅学習でも、プロの現役アーティストである講師が丁寧に添削してくれて、通学と変わらない技術を身に付けられる充実した講座も出ています。

 

実際に、通信講座で基礎をしっかりと学び、その後、現場で活躍しているメイクアップアーティストも少なくありません。

 

通信講座で勉強する際に気をつけるべきポイント・失敗しない講座の選び方・通信講座を受講するメリット&デメリットなどを紹介しています♪

 

メイクアップアーティストボタン

 

B趣味でセルフメイクを学ぶ

セルフメイクイラスト

人を綺麗にする以外にも、あくまで趣味の範囲内で、自分を綺麗にするためにメイクを勉強する方もいます。

 

現役プロ講師から直接学べる本格的なスクールだけでなく、手軽に自宅で学べる通信講座もたくさん出ています。

 

失敗しない講座の選び方・効率的な資格の取得方法・コスパに優れた通信講座などを紹介しています♪

 

メイクアップアーティストボタン

 

C美容師などがスキルアップでメイクを勉強する

高卒・中卒(メイクアップアーティスト)

最近、美容師やエステの美容部員などが、スキルアップのためにメイクを学ぶケースが増えています。

 

働きながらでも、夜間や休日講座、通信講座などを利用すれば、現場で通用する実践的な技術を身につけることは可能です。

 

忙しい方でも効率良く学習するポイント・美容師向けの講座情報・+αにおすすめの資格などを紹介しています♪

 

メイクアップアーティストボタン

 

D中卒・高卒でメイクアップアーティストを目指す

通信講座(メイクアップアーティスト)

高卒でメイクアップアーティストを目指す場合、高校卒業後に専門学校に入学し、そこで知識や技術を身につけて就職するのが一般的です。

 

また中卒者や高校在学中で転校・編入を考えている人向けに、高校卒業資格とメイクアップ資格を合わせて取得できる学校もあります。

 

「どんなルートがある?」「学校を選ぶ際の注意点は?」「評判の良い学校はどこ?」といった多くの方が直面する疑問に答えています♪

 

メイクアップアーティストボタン

 

メイク資格について

プロを目指すだけでなく、最近では自分を綺麗にするためにメイク資格を取得する人も増えています。

 

厳密に言えば、メイク資格は、「美容師資格」のような国家資格ではないため、法律上は資格がなくてもメイクアップアーティストとして活動することはできます。

 

実際に、何の資格も持たずにフリーで活躍しているメイクアップアーティストも稀にいますが、大半の人は、専門のスクールや通信講座で基礎を学び、資格を取得したうえで就業しているのが一般的です。

 

メイク業界でも、「経験+資格>経験のみ>資格のみ>どちらもなし」という図式が成り立ちます。

 

例えば、「業界未経験で資格もない人」と「業界未経験だけど資格を持っている人」がいた場合、採用する側にとってどちらが魅力的な人材かは明らかです。

 

つまり、経験も資格もどちらも持っていない人が、1歩前進するための選択肢として資格の取得は有効だと言えます。

 

資格を取得するメリット

正しい知識と技術を身に付けられる
自分の仕事に自信が持てる
お客様の信頼を得られる
転職・就職に有利に働く
自分の実力を第三者に証明できる

 

資格の種類にはどんなものがある?

メイク資格は、さまざまな民間団体によって認定されています。

資格名 認定団体
日本メイクアップ技術検定 社団法人JMA
セルフメイク検定 社団法人JMA
国際メイクアップアーティストライセンス IBF国際美容連盟
国際メイクアップアーティスト インストラクターライセンス IBF国際美容連盟
メイクアップ技術検定 JMAN
メイクアップ検定 社団法人MSOJ
メイクセラピー検定 社団法人MTJ

代表的な資格は?

社団法人JMA 日本メイクアップ技術検定試験

「国際的に通用するメイクアップアーティストの育成」を目的に、社団法人JMAが認定しています。

 

3級・2級・1級の3段階となっており、試験は全て実技でおこなわれます。

 

国内で活躍する多くのメイクアップアーティストが取得していて、業界でも「知らない人はいなのでは!?」というくらい知名度の高い資格です。

 

JMA 日本メイクアップ技術検定試験

 

IBF国際美容連盟 国際メイクアップアーティストライセンス

国際美容連盟が主催する「国際メイクアップアーティスト認定試験」に合格すると取得できます。

 

受験するためには、IBFが指定する各スクールのカリキュラムを修了しなければいけません。

 

迷ったら、JMA、もしくはIBFの資格を取得しておけば間違いありません。

 

IBF国際メイクアップアーティストライセンス

 

確実に資格を取得するには?

確実に資格を取得するには、何と言ってもスクールや通信講座を受講するのが1番の近道です。

 

特に検定試験は、審査基準があらかじめ決められているので、自己流では100%合格は不可能です。

 

お金に余裕が無い人には、月額6,000円〜学べる短期スクールや、トータル3万円〜学べる通信講座もありますので、よほどの理由がない限り受講をおすすめします。

 

なぜなら、そのほうが結果的に時間もお金もムダにせずに済むからです。

 

講座を受講する際に、注意をしなければいけないのは、

 

「どの講座を受講するのか?」

 

「どこのスクールで学ぶのか?」

 

という点です。

 

メイク関連の講座は、専門学校・スクール・通信講座などをすべて合わせると全国に100以上もあり、当然ですが、その中には「良い講座」もあれば「イマイチな講座」もあります。

 

また得意な専門分野・取得できる資格・料金などもバラバラなので、必ずすべての講座の無料パンフレットを取り寄せ、事前に比較をしたうえで申し込みましょう。

 

失敗しない!講座を選ぶ際の5つのポイント

 

ランキングサイトを信用してはいけない理由

インターネット上では、メイクアップスクールや通信講座をランキング形式で紹介しているサイトなどもありますが、あまり参考にしない方が良いと思います。

 

少し考えれば分かることですが、ランキングサイトの順位付けは、広告費を多く払っている学校を意図的に上位にする仕組みとなっています。

 

そもそも、住んでいる場所や目標とする進路、学びたい分野などが異なるのに、「◯◯◯スクールが1位」「△△△通信講座が1位」といったようにランク付けすることは不可能です。

 

面倒に思うかもしれませんが、必ず自分で情報を収集し、最後は自分の判断で決定するようにしてください。

 

「後悔は一生、資料請求は無料」

 

講座を比較する際は、一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すると、余計な手間がかからず便利です♪

 

有名なメイクアップ講座はすべて掲載されているので、いちいち自分で調べる必要もないし、人気の講座を見落とす心配もありません。

 

まずは、気になるスクールの資料を片っ端から取り寄せて、その講座で学べる内容を徹底的にチェックすることから始めましょう♪

 

ブラッシュアップ学びリンク

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びキャプチャ画像

ロゴ画像
メイクアップ講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、全国のスクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。サービスはすべて無料♪講座によって、取得できる資格・学習内容・就職サポートの有無などが異なりますので、かならず事前に情報収集をしたうえで申込みましょう。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

メイクの資格を取得するにはどうすればいいの?といった疑問を解決するべく、当サイトでは、メイクの資格を取得する方法について、詳しく解説しています。まず始めに、メイク資格を取得するには、以下のような方法があります。@メイクの専門学校や美容専門学校に通って勉強するA通信講座や通学講座を受講して勉強するB独学で勉強する。いずれの場合も、学習費用は発生するのですが、独学が最も安く、専門学校が最も高くなります。@メイクの専門学校や美容専門学校に通って勉強する。当然の話ですが、プロのメイクアップアーティストとして活躍するためには、基礎知識・技術・応用力などが求められますので、やはり美容専門学校やメイク専門学校に入学し、プロ講師のもとで一定期間専門的に学ぶほうが効率は良いです。また、専門学校では、ヘアメイクショーなども定期的に行われますので、同じ学校に通い仲間たちと切磋琢磨しながら、お互いに良い刺激を与え合いながら、様々なスキルを習得していく事が可能です。そして何よりも、プロのメイクアップアーティストから、直接指導を受ける事が出来るというのが大きな魅力となっています。A通信講座や通学講座を受講して勉強する。通信講座は、普段別の仕事をしていて学校に通うことが出来ないという方や、家事などで忙しい主婦の方などにおすすめです。通信講座の場合、自宅で、自分のペースで、空いた時間を活用して勉強していく事が出来ますので、忙しくても問題はありません。ただ、知識などはテキストなどを活用しながら習得することができても、技術面の習得が難しいという面も否めません。この辺りのデメリットも考慮に入れたうえで、慎重に判断する必要がありそうです。通学講座では、社会人や子育て中の主婦向けに、夜間講座や休日講座も開講されいるので、興味のある方は各スクールに問合せてみるとよいでしょう。実際に現場でバリバリ活躍するプロ講師が対面で指導してくれるので、通信講座以上に技術の習得は早いと言えるでしょう。生徒の中には、人生に一度の晴れ舞台・結婚式を素敵にプロデュースするするウェディングプランナー資格の保有者などが、スキルアップを目的に、仕事の合間を縫って通っているケースも少なくありません。B独学で勉強する。そして最後に、独学ですが、こちらの方法はあまりおすすめはしていません。なぜなら、知識や技術を身につける際、書店などで売られているテキストのみで学習していくのは効率的ではありませんし、どうしても自己流メイクになってしまい、趣味の域を超えるのが難しいからです。独学は費用がほとんどかからないといったメリットがある一方で、間違いを指摘してくれる講師などもいないため、通信講座以上に習得が難しいと言えます。また、メイク資格の場合、講座と試験がセットになっているケースが多く、そもそも独学では試験が受けられないといった問題もあります。一部、独学で受験することが出来る資格試験もあるものの、非常に選択肢が限られてしまいます。このように、メイクの資格を取得するには様々な方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分がメイクを学ぶ目的をもう一度明確にしたうえで、どの方法で学んでいくのが最も適しているのかゆっくり考えてみると良いと思います。自分にぴったり合った方法を見つけ、夢を実現させるべく頑張ってください♪

更新履歴